メインビジュアル

10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
11月
   1234
5      

1

アートラインかしわ×SNOWBANK PAY IT FORWARD 〜ストリートカルチャーから未来に伝える〜

ストリートカルチャーが未来を繋ぐ

音楽、スケートボード、アート、献血、骨髄バンクをコラボしたイベントを開催します。

柏の街を活性化し、楽しいコトをキッカケに献血・骨髄バンクの必要性を発信します。

柏市民と柏出身のアーティストが一体となり、柏の街を盛り上げ、社会に貢献します。

『献血数・骨髄ドナー登録数』千葉県ナンバー1を目指します!

 

1.Mody前広場

4m×5mのランプを設置。ここをステージに、スケートボード、音楽、ダンス、アート等のイベントを繰り広げます。

●スケートパフォーマンス:出演スケーター ITO SHINICHI、HINO MAKOTO、SEJIRI RYO、YOSHIOKA KENTO、TOKURA TAIHOU

●トークショー:荒井daze善正、池谷有紗

●パフォーマンス:FLAKE(ダンス)、BiTS(ダンス)、温寿(ラップ)、BLOODYDIAMONDZ(ラップ)

●DJ:DJ YAS(KEMURI Productions)、DJ IZM.(STAX GROOVE /JAZZY SPORT)、DJ RYOHEI(nui)、DJ INTERNET

●ライブペイント:工藤洸平、ホーリー(スケートボードランプの両脇180×200の壁に、二人の画家がライブペイント)

●会場MC:上田豪、江口ナウ

●音響:First Sound

2.小柳町通り

●ライブペイント30vs30

アートラインかしわ恒例のライブペインティング、今年はストリートをDayOne横の小柳町通りに移し、パワフルなイベントと一体化して、アートな街を彩ります。30人のアーティストが30号のキャンパスに思い思いの表現で作品を仕上げていきます。

●スケートボードペイント&スカルプチャー

Icco Nakama によるスケートボードペイントと彫刻の展示。当日公開制作します。

3.Day One広場(スノボおじさん広場)

子どもも大人も楽しめるワークショップを開催。

●SNOWBANK

キッズスケートボード体験、ダゼポリン(トランポリン)、オリジナル缶バッチ、似顔絵、Tシャツプリント

●FREAK’S STORE

●92company

ボディペイント

●Re-labo goemon

革小物製作

●Stove presents

マプラメプラントハンガー製作

●St. valley house

キーホルダー、アクセサリー製作

●キッズスケボー体験:プロスケーターによるスクール

●ライブ:Johann、RYUSUKE

●DJ:チームKUYURU

 

4.献血・骨髄バンクドナー登録会

●ハウディモール特設会場

 

5.柏献血ルーム

●フォトグラファー49nの作品展示。10月1日から11月5日まで。

 

6.DINING BAR ROOF

●「YADOKARI」試写会

10月1日20:00〜

K-FILMSによる映像作品「YADOKARI」試写会(有料) 柏市柏3-1-9森山ビル2F

 

日時

10月1日(日)10:00〜18:00

場所

柏モディ広場、小柳町通り、DayOne広場

料金

無料
※ワークショップ一部有料、試写会有料

主催

SNOWBANK、アートラインかしわ

協力

OIOI 柏モディ KASHIWA Day One 日本赤十字社 Lesque EAZY M!SS SLD ハスコ(ISLE、SANTACRUSE) RESUNCE BIGWING(HOTEL BLUE) アドバンス GSM(ELEMENT) EVISENSKATEBOARDS TIGHTBOOTH POSSESSEDSHOE BATSUskateboardshop 刺繍縫 TSUGIKI THE WAREHOUSE ムラサキスポーツ First Sound
Supported by UDC2

お問い合わせ

一般社団法人スノーバンク事務局 03-5539-4393 info@sbpif.net

ライブペイント30vs30については、アートラインかしわ

アーティスト

ITO SHINICHI

スケーター。
国内トップクラスのスキルとスタイルの両方を兼ね備えたSLDのプロライダー。
長年スケートボード業界に精通し続け、多くの素晴らしいフルパートを残し続けている。
EASYMISSというアパレルブランドを立ち上げ、スケートボード以外でもマルチな才能も開花させている。

プロフィール画像

HINO MAKOTO

スケーター。
クールなトリックセレクションとクリーンなスケートスタイルに定評がある、Magical Mosh Misfitsのプロライダー。
ストリートからトランジションまで全てこなすオールラウンダーで、優雅なスタイルが多くのファンを集めている。Magical Mosh Misfitsの次回作のDVDも待ち遠しい。

プロフィール画像

SEJIRI RYO

スケーター。
国内外の数々のコンテストで表彰台に上がり、2013年にはFar’N High、Mystic Sk8 Cupといった世界のコンテストで優勝。
昨年ではスペインで開催された 「O'MARISQUINO」で2位、渋谷で開催された「THE SESSION SHIBUYA」で 2位と好成績を収めている。
安定したライディングで難易度の高いトリックをさらっとメイクするライディング力が海外の有名サイト「BRICCIS」でも紹介されるなど、今後の動きも目が離せない。

プロフィール画像

YOSHIOKA KENTO

スケーター。
ここ数年で港を騒がすAPPLEクルーの構成員。
今まで見たことのない変態トリックからテクニカル、ハンマートリックまでこなす次世代スケートボーダー。
数々のメディアにも注目され精力的に活動している。

プロフィール画像

TOKURA TAIHOU

スケーター。
先日開催されたVHSMAG主催の
日本橋三越の屋上で行われたミニランプコンテスト「Mortal Kombat」で優勝。
スピード感ある男らしい滑りが魅力的。
海外のコンテストTampa AmやDamn Amにも出場するなど、今後目の離せない若手注目株。

プロフィール画像

上田豪

スケーター。MC。
レジェンドプロスケーターとして活動する傍ら、イベントMCとしてさまざまなイベントや大会などで活躍。
六本木ヒルズで開催された「REAL TOUGHNESS TOKYO」では、大会前日に腰骨を骨折をするも、不屈の精神でMCを行う。

    プロフィール画像

    工藤洸平

    スケーター。アーティスト。
    バンクーバーオリンピック出場
    2011年CanadaianOPEN優勝
    US OPEN3位世界から注目されるライダー。
    現在、K-FILMを立ち上げ雪面にARTを描くなどアーティストとしても多方面で活躍。

      プロフィール画像

      ホーリー

      アーティスト。
      「循環」「神秘」をテーマとし、永遠なる美と言われる「5:8」黄金比率、黄金螺旋で
      幾何学模様や日本の和柄で再構築した作品を展開。
      日本最大のロックフェスティバル、FUJIROCK FESTIVAL、朝霧jamへのLivepainting Showの出演から、NIKE ItalyにてCM出演、Element  skateboard Japanとの壁画制作やNY Bushwick地区での壁画制作。
      近年は、石川県伝統工芸品九谷焼とのコラボレーションやドキュメンタリー番組でのTVインタビュー出演、ラジオ、トークショーなどでも活動の幅を広げている。

        プロフィール画像

        荒井daze善正

        スノーボーダー。
        100万人に一人という難病「慢性活動性EBウィルス感染症」と診断、骨髄移植で克服したプロスノーボーダー荒井“daze”善正。
        余命宣告を受け、目の前に立ちはだかった闘病生活から「生きる」のではなく「活きる」意味を知り、全国で講演活動。
        2011年より献血・骨髄バンクの普及啓発イベントSNOW BANK PAY IT FORWARDを開催。
        2015年に一般社団法人SNOW BANKを設立。楽しいから始まる社会貢献SNOW BANK活動で活躍。

          プロフィール画像

          DJ YAS

          '90年代初頭よりサンプリングでの楽曲制作を開始し、独自のスタイルを確立。'95年にランプ・アイのDJ兼トラックメイカーとしてデビューし、'96年にジャパニーズ・ヒップホップ・クラシックとして名高い「証言」のプロデュースを手がける。雷家族、ケムリ・プロダクションとしても活動する一方で、国内外の様々なアーティストのプロジェクトに参加し、膨大な数のプロデュース&リミックス作品を発表。ソロ名義では二枚のフル・アルバム『ライト』('00年)、『Smoking Gun』('05年)をリリースした他、Tommy Guerreroとの共作によるミニ・アルバム『Angler Fish』など多数の作品を世に送り出している。

           16年目に突入したデジタル・ラジオ番組『Delicious Sounds』(STAR digio 466ch)では、Ben The Ace、DJ Shigekiと毎週3時間のノンストップ・ミックスを放送中。

          プロフィール画像

          DJ IZM.

          IZM.(STAX GROOVE /JAZZY SPORT)
          1999に渡英米後、JAZZ MUSICで踊るBE BOP,FUSIONスタイルとの出会いをきっかけにHIP HOP/ HOUSEダンスで得たfootworkをクロスオーバーし、ジャンルレスに展開するFuture Jazzy Dance styleを確立。
          同時にDance floor Jazzを軸とするDJをスタートさせる。
          現在、Jazzy Sport 下北沢店のshop managerを担当。

          【DJ】
          2000年代よりJAZZCATS,Steppin Jazz,といったJAZZを軸とするpartyをオーガナイズ。
          UK JAZZシーンとの交流が深く、過去にDJ ポールマーフィーやPerry Louis(messin arround)などのDJ陣が参加している。
          2008 SONY Music internationalより映像付CD-Extra“Steppin Jazz Sol”をリリース。
          2013~2015 JAZZCATS MIX CD シリーズ NEW YORK,LONDON,California,parisをBLACK IVY QUINTET名義にて、JAZZY SPORTからリリース。
          shibuya The Roomで開催のQuasimode Matzz氏主催party「Spunky」にてレギュラーDJとして参加。
          2015
          ・代々木上原にある人気コーヒーショップ パドラーズコーヒー×Jazzy Sportのmix cd Black coffee/ Brown Latteのmixを担当。
          ・モデル梨花プロデュースブランドREEFUR代官山にてX‘mas partyのDJを担当。
          現在,渋谷@SARAVAH東京にてJAZZイベント「Steppin Jazz」を復活させ、Sleep walker/native/matzz(ex quasimode)などと共演を重ねJAZZで踊るシーンの継承に力を注いでいる。

          【DANCE】
          海外での評価も高くJAZZ MUSICで踊る文化をクラブミュージック同様に国内外で広めている。この先も限りなく進化していく音(Groove)に身を委ねこの時代によい影響を与え続けていければと願う。
          STAX GROOVE監修によるDVD“welcome to Sanctuary Blue”が話題をよび、英国音楽誌「Straight no chaser」「Metro」へ掲載されヨーロッパをはじめ、英国・アジア各国へ招聘される。
          2006 Poland Jazz Festival,2007 Jakarta Crossover JAZZ Festivalへゲスト出演。
          2007年 Jakarta crossover Jazz Festivalにcro-magnon,Bugz in the atticと共にゲスト出演。
          菊池成孔氏主催party「HOT HOUSE」にて日本のBEBOPシーンを代表しレギュラー Dancerとして出演。
          -- 2015 --
          沖野修也発足のworld Peace Festivalにてファラオサンダースの息子tomoki Sandersと共演。
          韓国最大のストリートダンスイベント「Street Jam」へ日本代表として10年ぶりに招聘される。

          その他、JAZZ MUSIC DANCE連盟を主宰し、
          UK JAZZ DANCE,BEBOP fusionの継承を
          日本でも広げている。

            プロフィール画像

            DJ RYOHEI

            5歳から15歳までクラシックピアノを嫌々習い、17歳まで真剣にサッカーをする。
            94年、HIP HOPに衝撃を受け地元浜松でDJを開始。自らイベントを主催するなどして停学になる。
            上京後は倖田來未、keyco、傳田真央などのコンサートツアーDJやレコーディングを数多くこなし、KANKAWA、類家心平、小沼ようすけや、Dennis Chanbers、Soulive、Gary Bartz等の
            世界的ミュージシャンのバンドにも参加。
            その他にも山海塾、Doppel、こだまこずえなどの画家、舞踏家、陶芸家、華道家との作品を制作するなど様々な場所でDJとしての可能性を追求し続けている。
            現在は千葉県柏市の刺繍専門店「刺繍 縫-nui-」の代表として多くの衣装、ブランドの刺繍を手掛けるほか、自身の作品が渋谷芸術祭優秀賞を取るなど刺繍家としても活躍中。

              プロフィール画像

              FLAKE

              ダンスユニット。
              DSK BOYZ + Rio の後継ユニット として Rio を中心に ROCK STEADYCREW の REIMI、KIPPEI、Miyu、YU-KINGの5 名からなるダンスユニット。
              2014.7.13 東京トップキッズコレクションにてデビュー。

                プロフィール画像

                BLOODYDIAMONDZ(ブラッディダイアモンズ)

                Area047 street を牽引するBLOODYDIAMONDZ
                千葉県=CBにて10年以上続いてきたクラブイベント、043west coast stage 及び16x6-sixteen cross six-にて千葉エリアのヤングシーンを牽引してきたTARK & DJMa-dar を筆頭にR.O.C.メンバーとして、アンダーグラウンドシーンにて着実に名を上げ、地元柏にてDogg fight などのイベントを主催してきたBACK-LUSH、また都内を中心にライブをこなすNEXT、精力的にMIXCDをリリースしているDJ BATT、このメンバーからなるBLOODY DIAMONDZが伝えるのは、「Noone knows the dark side 明るみに出れば胡散臭い…」流行りや時代に影響されないリアルなストリートのHiphop!!!

                  BiTS

                    プロフィール画像

                    江口ナウ

                    全天候対応型総合MC。
                    昼夜問わず子供から大人まで幅広い年齢層から支持を集め、
                    様々な会場を巧みな話術で盛り上げている。
                    RAP、DJ、映像制作等、気の向くままにマルチな才能を発揮している。
                    絶対ご飯に合うおかず。Ustream「江口ナウ」メインパーソナリティ。

                      プロフィール画像

                      チーム KUYURU

                      Dj SCT (KUYURU/Sereno)
                      escoval
                      DJ cob
                      iamMiyamoto
                      SUKIKAL(NightVision/TwinFox)

                        johann

                        2008年結成のツインドラムインストロックバンド johann(ヨハン)。
                        TOKYO JAPANESE WABI SABI TATAMI PRIDEというスローガンを掲げ、日本の情緒、文化を独自の解釈でロックミュージックに乗せて表現している。
                        earth garden、TONE RIVERJAM、お台場で開催されたCHIMERA GAMES、地方の祭り会場等、野外フェスにも多く出演。
                        また、スウェーデンのLAST DAYS OF APRIL、テキサスのHIKESのツアーサポート等、来日した様々なアーティストとも共演を重ね、着実に経験を積んできている。
                        日本最後のサムライ五人組が奏でる、音の紡ぎに是非耳を傾けて欲しい。

                          プロフィール画像

                          RYUSUKE

                          ソウルフルシンガーソングライター。
                          1990年10月8日生まれ26歳。
                          千葉県松戸生まれ松戸育ち
                          14歳からストリートライブ活動をし始める。ヤマハ主催の大会で賞を受賞する。
                          高校生の時に日テレ『音燃え!』に出演し、優勝を果たす。中野サンプラザやZeep東京でライブを行う。
                          幾つかのバンド活動を経て、現在、ソロ活動中。『心に聴かせて、心を震わす歌』を今日も響かせる。

                          プロフィール画像

                          K-FILMS

                          工藤洸平、佐藤秀平が中心となりHOKKAIDOから世界に発信するフィルムプロジェクトK FILMS。
                          今季は吉田啓介、 中井孝治、國母和宏、フォレストベイリー、ハリスゴードンも参加し創り上げられた「YADOKARI」を引っ提げK FILMSクルーが柏にやって来る!!

                            49n

                            フォトグラファー。
                            2010年に49nという名義でフォトグラファーとして活動を開始する。
                            Sbskateboardjournal、Transworldskateboarding、Ermagazine、
                            LAPOVER、VHSMAG、OLLIEmagazineなどの多くのメディアやREDBULL、
                            ELEMENTなどのPR写真など多岐にわたり活動をしている。
                            2017年6月には生まれ育った千葉県柏市にBATSUSKATEBOARDSHOPを開店。
                            そして、自身が編集長を務めるCOMPOSITEMAGAZINEの新刊も2017年にリリース予定。

                              プロフィール画像

                              Icco Nakama